あおひげ 漫画家 プロフィール画像
『漫画は総合芸術の一部』音楽・プログラミング・小説。芸術は点じゃなくて線で考える。総合芸術を愛する漫画家あおひげに総合芸術としての漫画を伺った。

2018/10/06

誰しもが、才能を欲しがっている。 
 
楽器が弾けたらミュージシャンになりたい、絵が上手かったら漫画家になりたい、プログラミングの天才ならエンジニアになりたい。 
 
そう願っているはずだ。 
 
今回取材した、漫画家のあおひげさんはあらゆる芸術をシームレスに考え真剣に取り組んできた。 
 
点ではなく、線で考える芸術。総合芸術の観点から考える漫画についてあおひげさんの話を伺いました。 
 
では、楽しんで!

あおひげ 漫画

漫画は芸術の一部

スタイル
早速、質問の方させていただきます。
あおひげさんが漫画を描き始めたのはいつ頃からですか?
あおひげ
さん
漫画を描き始めたのが3-4年前で、本格的に描き始めたのはここ一年とかの話です。それまで漫画家になるのが夢だとそういう話でもないんです。
スタイル
それは、新しいスタイルですね!これまでは、何をされてきたんですか?
あおひげ
さん
これまでは20年位音楽の方をしてきました。音楽一家に育ったので家にも様々な楽器がある家庭でした。
スタイル
では、漫画家になる前は音楽の道を歩まれていたと。どんな楽器を演奏されていたんですか?
あおひげ
さん
メインはクラシックやエレキギターで、家にあったベースやドラムやシンセサイザーも少し触っていたという感じです。
スタイル
楽器はほとんど網羅したということですか?
あおひげ
さん
そうですね、家にかなりの数の楽器があったので家にあった楽器は、大体弾けるようになりました。
スタイル
凄すぎます(笑)
僕は一切音楽をやってこなかったので一つが限界かもしれません。
あおひげ
さん
それって意外と違うような気もするんですよね。プログラミングでもそうですが、一つの言語を極めれば二つ目三つ目の言語を学び始めても一ヶ月もあれば大体できるようになれると僕は思うんですね。何事も同じジャンルであれば似たようなものだと思ってます。
スタイル
そう言われると、楽器を弾けるようになれる気がしてきました(笑)
でも、同じジャンルでもハマるポイントって違いそうですよね?
あおひげ
さん
確かに、それはあるかもしれませんね。自分の中でしっくりくるタイミングを探すのは必要ですね。音楽に関しては、自分で演奏する以外にも学生の頃は国内外のCDを仕入れて自分の手で流通させるみたいなことをしていました。
スタイル
ビジネスとしても音楽をやっていたんですね
あおひげ
さん
はい。それで、出逢った方を日本に呼んでツアーを組んだりもしていました。その延長で東京にきたんですけど、東京に来たら『とにかく食べられるようにならないと』と思いプログラミングを勉強し始めました。
スタイル
多才ですね(笑)
あおひげ
さん
いや、プログラミングが楽しすぎたんですよね。それで、自分でいくつかプロダクトを作ったりしていました。今は、会社でエンジニアをやりながら組織作りをやっています。
スタイル
あおひげさんは、ビジネスマンとしての側面も強いんですね。そんな中でなぜ急に漫画家になろうとおもったんですか?
あおひげ
さん
音楽、絵、物語、プログラミング等のアートが好きなんです。そういう要素を点として捉えるよりも、線で結んで1つのアウトプットとして扱ってみたいという思いがありました。その点、漫画やゲームは個人的に総合芸術だと思っているので、まずは漫画かなと思い着手したのが始まりですね。

あおひげ 漫画

スタイル
そこから本格的に漫画を描き始めたんですね。
あおひげ
さん
そうですね。そこから、漫画を描く練習も本格的に行って作品を出しました。それを佐渡島さんに見ていただいて声をかけていただいたという経緯です。
スタイル
では、芸術そのものが好きでその派生に漫画があったということなんですね。
スタイル
作品を描くときに、どのようなタイミングで題材が浮かんできますか?
あおひげ
さん
読書がすごい好きで。『意識』とは何かと言うテーマの本を読むことが多いんです。その様な本を読んでいる中で、『意識』をテーマにした漫画をかければいいなと思っています。それは一貫してある感覚ですね。
スタイル
漫画家の方によって題材は異なりますが、あおひげさんの発想が僕にはなかったのですごく新鮮です。
あおひげ
さん
やっぱり、総合芸術という感覚を持っているので他のアートから刺激を受けて作品を描くことも少なくないです。
スタイル
漫画以外から刺激を受けて、漫画にするというのがあおひげさんの哲学を表していますよね。
あおひげ
さん
漫画も人並みに読んで好きな漫画とかもあったりしますが、そこから『漫画家になろう!』という直接的なアプローチにはなりませんでしたね。
スタイル
だから、先ほどにもあった漫画は芸術の一部という考えになるんですね。

ストーリーにならない当たり前の日常

スタイル
漫画を描くときのこだわりってあったりしますか?
あおひげ
さん
今はまだ、ないですね。漫画自体を本格的に描き始めたのもここ一年くらいのことですし何をしても楽しい期間なんですよね、何事も一年くらいじゃまだまだってところですよね。だから、今はヨチヨチ歩きであらゆることを取り入れたいという思いで漫画を描いています

あおひげ 漫画

スタイル
確かにそれはありますよね。何をしても楽しいということだったので、漫画に関して物語を作るのか実際に絵を描くのが好きなのか伺ってもいいですか?
あおひげ
さん
あ〜。僕の中で作品を作るフローの中でテンションのピークは設定を考えてる時ですね。それ以降はそのテンションまま、どこまでアウトプットできるかってことですね。
スタイル
芸術という観点からみた漫画の魅力って何ですか?
あおひげ
さん
一人でできるというのはいいですよね。もちろん完全に一人ではないですけど、総合芸術と言っているので自分でできる範囲のことはできる限り一人でこなしたいですね。自分の力を余すことなく発揮できる分野というのは間違いなく面白いですね。
スタイル
それは、幼い頃から変わらない感覚ですか?
あおひげ
さん
そうですね、割と幼いことから家に籠って何かをやるのは好きな方でした。
スタイル
一日漫画と向き合ってる時間はどれくらいですか?
あおひげ
さん
働いている以外の時間全てですね。休みとか旅行、外出も殆どしてないので余った時間は全て芸術につぎ込みます。前まではそれがプログラミングだっただけで今は漫画ですね。
スタイル
好きなものに一直線なんですね!
ちなみにあおひげさんが一番衝撃を受けた漫画はなんですか?
あおひげ
さん
それは【幽☆遊☆白書】の最後の一巻ですね。
スタイル
すごい、巻数まで決まってるんですね(笑)
あおひげ
さん
幽遊白書って普通のジャンプでやってたような王道漫画ですよね。主人公たちが悪と戦うみたいなメインのストーリーがちゃんとあって。でも最終巻で、急に「必要?」みたいな日常生活を描き始めるんですよ。
スタイル
日常がそこにあったという感覚ですよね。
あおひげ
さん
そうですね。人には、ストーリーにならない当たり前の日常ってあるじゃないですか、トイレに行ったりお風呂に入ったり、お風呂だったらどこから洗うのかとかトイレではどう用を足すのかとか。
スタイル
あくまで、そのキャラクターは普通の生活をしているということですもんね。
あおひげ
さん
はい。あと、そのキャラには本来生活があるという話もそうですし、何なら40歳、80歳まで生きるんだよなという事実があるわけです。でもそういう多次元的な広がりって少年漫画では見えにくいんですよね。最終巻では主人公がラーメン屋をやったりしている描写があるわけですよ。ああ、主人公は物語が終わった後もこうやって生きていくのか、と思えたんです。そこで一気に少年漫画の概念を壊されましたね。

スタイル
確かに、働くという未来は誰にでも来ますからね。(笑)
あおひげ
さん
その通りです(笑)
それを当時大人気だったザ・王道の【幽☆遊☆白書】がやったことに対して『こんなことしてもいいのか!』という衝撃は受けましたね。

あおひげさんにとって漫画家というLIFESTYLEは?

総合芸術

一個を突き詰めてから何かに向き合った結果、同じジャンルのものは以前よりも格段に早く成長できる。
 
芸術を点でなく線で捉えることとしてきた。 
 
30代では漫画にチャレンジして、40代ではゲームにチャレンジしたい。 
 
好きだからやってる。好きじゃないと寝食忘れて没入できないと思うんです。 
 

と、あおひげさんは語った。 
 
社会に存在するあらゆる芸術を線で捉える総合芸術に対し、真摯に向き合うあおひげさんをSTYLEで応援していきます。

押田はるか 著

あなたへのおすすめ

  • ワタベヒツジ 漫画家 プロフィール画像

    『勉強でも、運動でもそこ
    そこだった。だからずっ…

  • 漫画家 やじまけんじ プロフィール画像

    『頭の片隅にはずっと漫画
    家という夢があった』諦…

  • つのだふむ 漫画家 プロフィール画像

    『イケてない自分は漫画の
    せいじゃない』本当に好…

  • まえだたかし 漫画家 プロフィール画像

    『デザインと漫画は密接に
    リンクしている』41歳…

  • ホリプー 漫画家 プロフィール画像

    『人は10代で手に入れら
    れなかったものに、一生…

  • 『実在する理想郷が生み出
    した幻想風景』景色や建…

新着記事

  • 高塩貴史 プロフィール画像

    『環境は自分で変えられる
    』これからの美容師像を…

  • 今泉マユ子 プロフィール画像

    『防災食は日常の延長にあ
    るんです』災害が多い日…

  • ワタベヒツジ 漫画家 プロフィール画像

    『勉強でも、運動でもそこ
    そこだった。だからずっ…

  • 漫画家 やじまけんじ プロフィール画像

    『頭の片隅にはずっと漫画
    家という夢があった』諦…

  • つのだふむ 漫画家 プロフィール画像

    『イケてない自分は漫画の
    せいじゃない』本当に好…

  • まえだたかし 漫画家 プロフィール画像

    『デザインと漫画は密接に
    リンクしている』41歳…

STYLEをフォローして、新着記事を受け取ろう!

編集長のTwitter