ホリプー 漫画家 プロフィール画像
『人は10代で手に入れられなかったものに、一生固執する』10代の時に逃した感情を漫画で表現する。ディレクション思考の漫画家ホリプーだからこそ描ける恋愛がある

2018/10/06

高校や中学時代の思い出は甘酸っぱいものですよね。 
 
あの頃見た景色を今でも思い出したりすることは多々あります。 
 
日常に見つけた、甘酸っぱい景色を青春を取り戻すかの様に、恋愛漫画を圧倒的画力でインスタに投稿し沢山の人に共感を生み出すホリプーさんの魅力をこの記事で少しでも感じて見てもらえればなと思います。 
 
では楽しんで! 
 

デザイナーとして憧れた漫画家

ホリプーさん自己紹介画像

スタイル
ホリプーさんは漫画を描くことを含めて普段どんな生活をされているんですか?
ホリプー
さん
普段は企業のインハウスデザイナーとして働きながら漫画を描いています。
スタイル
趣味とかはあったりしますか?
ホリプー
さん
インドアなので趣味は、アニメや音楽、読書ですね。最近はビジネス書を読むことが多いです。
スタイル
漫画は読まれないんですか?
ホリプー
さん
そうですね。高校くらいまではジャンプやモーニングを読んだりしていたのですが、最近急いで読み始めています。(笑)
スタイル
高校の頃含めて、好きだったり影響を受けた漫画家さんはいらっしゃいますか?
ホリプー
さん
昔は、鳥山明さんとか浦沢直樹さんや井上雄彦さんとかですね。ほぼジャンプで育ったって感じですね(笑)
その頃影響を受けた漫画家さんの表現方法にはあまり引っ張られない様にしてます。
スタイル
例えば鳥山明さんに関してですが、影響を受けた方は沢山いたと思うんです。しかし、その影響の受け方は人それぞれだと思うんですね。ホリプーさんは鳥山明さんのどの様な部分に影響を受けましたか?
ホリプー
さん
これは、作品の内容というよりも鳥山明さんそのものですね。鳥山明さんって元デザイナーなんですよね。鳥山さんはロゴとかをさらっと描いてもめちゃくちゃ上手くて、漫画よりもロゴを真似していた時期があります。それから、漫画家という仕事に憧れてイラストやデザインにも興味を持って、本職のデザイナーに繋がったという経緯があります。
始まりはデザイナーとしての鳥山明に憧れたということですね。
スタイル
では、最初は一枚絵としての漫画に惚れたんですね。それでいうといつ頃から絵を描いたりし始めたんですか?
ホリプー
さん
それはもう、かなり幼い時で幼稚園とかですね。他の人よりは明らかに量を描いていました。そこからずっと描くのをやめなかったんですよね。

ディレクションは漫画家の仕事に限りなく近い

ホリプーさんイラスト

スタイル
ずっとやめなかったということで、漫画に限らずイラストを含めいつ頃から絵でご飯を食べていきたいと思う様になり始めたんですか?
ホリプー
さん
高校の時ですね。高校が日本大学の付属だったのですが、そのまま過ごすと日本大学に進学することになるんです。その中で進学先の一つに芸術学部というのがありまして、大学進学をきっかけに、本気で絵でご飯を食べていくことを考え始めましたね。
スタイル
でも、ホリプーさんは武蔵野美大だった様な…?
ホリプー
さん
そうですそうです。
そこで先生に相談しに行ったんです。そしたら『芸術学部はちゃんとデッサンとかしてないと入れないよ』と言われて。絵が好きだけじゃ入れないということを初めて知りました。それから美術予備校に通い始めるんですが、色んな美大を見学するうちに日大芸術学部よりも武蔵野美大に行きたいと思う様になったんです。
スタイル
それは明確な理由とかあったりしますか?
ホリプー
さん
武蔵野美大に見学に行って、校風に魅力を感じたんです。僕が志した視覚伝達デザイン学科は、ただデザイナーになる為の学習ではなく、ものづくりの本質から学べる学科だと知って進学しようと思いました。最初は見える選択肢の中で選ぼうとしてたんですが、進路先を探しているうちにどんどん視野が広がっていきました。
スタイル
確かに、何かを掘り下げることは視野を狭めることじゃなくて広げることになる時はありますよね。
ホリプー
さん
本当にそうですね。当時は、漫画を連載レベルで書き続けるほどの忍耐力が自分にはないと思っていたので漫画家を諦めてイラストレーターを目指したんです。
でも、イラストレーターを目指す人は美大ではデザイン学科に入るのだと教わり”絵をつくる”ということを広義に”デザイン”として捉えデザイナーという職を目指しました。そこからデザインの世界にハマって、結局美大では、ほとんど絵を描かなかったんですけど。(笑)
スタイル
デザイナーとして活躍されているホリプーさんはなぜ、このタイミングで漫画家を目指したんですか?
ホリプー
さん
それは本職の業務が少しずつ変化してきたからですね。もともとパッケージデザイナーとして入社したのですが今は、商品のトータルアートディレクションを行うようになってきて、プロモーションプランを考える機会が出始めたんです。
そうするとCMを作ったりコピーライティングをしたり、イベントのプランニングをすることになるんです。
そうやってデザインやアートディレクションの仕事では商品の魅力を”編集して伝える”作業をしていたので、自分自身の絵を編集するつもりで考えてみたら、もともとの夢だった”漫画”に行き着いたんです。
スタイル
じゃあ、デザイナーとしての業務の抽象度をあげたら漫画家という選択肢が現れたと?
ホリプー
さん
そうですね!”ホリプー”というイラストレーターをアートディレクションする為の表現方法の一つでした。実際に描き始めてみたらめちゃくちゃ楽しくて夢中になっています。
描き続ける忍耐力もデザイナー経験の中でいつの間にか身についていたみたいです(笑)

10代の頃のパッション

スタイル
それでいうと絵を描く部分の話を伺いたいのですが、作品を描くときの題材はいつ浮かんできますか?
ホリプー
さん
言葉とか景色から妄想して考えることが多いです。例えば、上野公園をぶらぶら歩いてる時に中に神社を見つけたんですね。その時に『この神社綺麗だな〜』と思って写真を撮りました。そこから連想ゲームの様に、『この景色に誰がいたらきゅんとするかな』とか考えて女子高生を立たせてみるんです。そして、『その女子高生がなんて言ったらエモいのかな』と考える様にしてますね。広告やCMなどをデザインする時と近いのかもしれません。漫画家の僕は監督で、キャラクターは役者さん。そしてキャッチコピーのようなセリフをつくる。その為のロケハンを常にしている感じです(笑)

ホリプーさん 夕暮れタイムリープガール

スタイル
それは面白い視点ですね!それでいうと、作品を描いたり物語を紡ぐ時に絶対的なこだわりとかあったりしますか?
ホリプー
さん
僕は作業が大好きで、放っておくと家でずっと描き続けてしまうので考える時間と描く時間を分けてますね。よく”通勤は時間の無駄”とか言われたりしますが僕は会社から1時間以上通勤時間がかかる場所に住んでいるので、その時間を活用して強制的にインプットの時間を作ることによってアウトプット過多になるのを防いでいます。
スタイル
そういう意味では会社の通勤時間が長くてよかったということですよね?
ホリプー
さん
僕にとってはそうです!
これが家から近くの会社とかになってしまうとインプットのための時間をどう作ろうとか悩んでしまうので。
スタイル
確かに自分からインプットの時間を作りに行くのって難しいですよね。
ホリプー
さん
普段は会社の仕事をしているので漫画の為の作業時間そのものが少ないんです。だから、食洗機とか、乾燥機付きの洗濯機、お掃除ロボットのような時短家電を活用しています。それで作り出した時間を全部、漫画を描くことに使っています。
スタイル
めちゃくちゃストイックですね!
スタイル
漫画を描く時に、世界観を作り込む方と、内から湧き出たものを描く方で分かれてると思うのですがそれでいうとホリプーさんは世界観を作り上げて行く方だなと印象を受けたのですがご自身はどの様にお考えですか?
ホリプー
さん
世界観を作り込むことはデザインする時の感覚に近いので世界観タイプかもしれませんね。自分の内から湧き出た葛藤を描くこともあるのですが歳をとるにつれてそういうものが薄くなっている様な気もするんです。10代の頃のパッションを思い出しにくくなっているっていうのはありますよね。
スタイル
10代の頃のパッションを思い出しにくくなっていると仰いましたがホリプーさんの作品は青春・恋愛漫画が多いように感じます。その点、ご自身はどのようなスタンスで漫画を描いているのでしょうか?
ホリプー
さん
どこで聞いたかはっきり覚えていないのですが『人は10代の頃に手に入れられなかったものに一生固執する』という言葉に出会って、その言葉にかなり共感したんです。
僕は男子校だったので高校時代に恋愛をあまりできなかったんです。同じイヤホンで音楽を聴くとか、自転車で二人乗りする体験をしている人が羨ましくなるんですね。

ホリプーさん漫画の一コマ

スタイル
ということは、ホリプーさん自身その手に入れられなかった青春が忘れられない。だから、漫画で表現するということなんですね。
ホリプー
さん
そうですね。上野公園の神社の絵も、青春への羨ましさから着想しています。
ふとした時に描いた絵が学生服になってたりする事はあるので、青春に固執しているというのはあると思います。だから僕は青春してないんだなと思う事はあります(笑)
スタイル
だからこそ自然と青春に寄っていくと?
ホリプー
さん
そうだと思います。青春ってあまりにもフィクション性が強くて、物語のような青春を送っている人は多分ほとんどいないんじゃないかと思います。だからこそ、みんな甘酸っぱい青春漫画を読みたがるのかも知れません。

ホリプーさん漫画の一コマ

スタイル
それは間違いなくありますよね。僕も学生時代引きこもっていたので青春した事ないんですよ。だから『時をかける少女』とかを観てボロボロ泣いて、こんな土手で走りたいって思う事は多々あります(笑)
ホリプー
さん
そうです!本当にそういう事だと思います(笑)
僕も土手を走りたいです。
スタイル
これから描いていきたい漫画はありますか?
ホリプー
さん
そうですね。結末や展開に意外性を持たせて読者を驚かせるものにこれからチャレンジしていきたいと思っています。それもデザインの仕事から学んだことなので。

ホリプーさんにとって漫画家というLIFESTYLEは?

貢献

作品を通して、人を喜ばせることが僕の喜びです。 
 
漫画を描く時とデザインしている時の感覚は、かなり近いものがあると思っています。 
 
自分の作品を、自分の世界観で作り上げて完成というクリエイティブはあるとは思うんですけど、僕の場合作品で人を喜ばせることができないと、やってる意味がいないと思ってしまうんです。 
 
貢献することの大きな枠組みの中にデザインの考え方があって、漫画という表現方法がある。 
  
そう語った、ホリプーさん。 
 
人に貢献することで、自らも幸せになれるホリプーさんをSTYLEは応援していきます! 

押田はるか 著

あなたへのおすすめ

  • ワタベヒツジ 漫画家 プロフィール画像

    『勉強でも、運動でもそこ
    そこだった。だからずっ…

  • 漫画家 やじまけんじ プロフィール画像

    『頭の片隅にはずっと漫画
    家という夢があった』諦…

  • つのだふむ 漫画家 プロフィール画像

    『イケてない自分は漫画の
    せいじゃない』本当に好…

  • まえだたかし 漫画家 プロフィール画像

    『デザインと漫画は密接に
    リンクしている』41歳…

  • あおひげ 漫画家 プロフィール画像

    『漫画は総合芸術の一部』
    音楽・プログラミング・…

  • 『実在する理想郷が生み出
    した幻想風景』景色や建…

新着記事

  • 高塩貴史 プロフィール画像

    『環境は自分で変えられる
    』これからの美容師像を…

  • 今泉マユ子 プロフィール画像

    『防災食は日常の延長にあ
    るんです』災害が多い日…

  • ワタベヒツジ 漫画家 プロフィール画像

    『勉強でも、運動でもそこ
    そこだった。だからずっ…

  • 漫画家 やじまけんじ プロフィール画像

    『頭の片隅にはずっと漫画
    家という夢があった』諦…

  • つのだふむ 漫画家 プロフィール画像

    『イケてない自分は漫画の
    せいじゃない』本当に好…

  • まえだたかし 漫画家 プロフィール画像

    『デザインと漫画は密接に
    リンクしている』41歳…

STYLEをフォローして、新着記事を受け取ろう!

編集長のTwitter