つのだふむ 漫画家 プロフィール画像
『イケてない自分は漫画のせいじゃない』本当に好きなことに向き合った少年時代を過ごした漫画家つのだふむが漫画と向き合う姿勢について語る。

2018/10/06

漫画は誰にでも親しまれるエンタメとして日本では広く親しまれている。 
 
今では『オタク』という言葉が浸透し、根暗というイメージは薄れてきている。 
 
それでも、オタクという言葉がマイナスイメージだった昔。 
 
学級内のヒエラルキーと自我で葛藤した、日常を漫画に落とし込む漫画家『つのだふむ』の魅力をこの記事を通して少しでも感じて欲しい。 
 
では、楽しんで!
 

僕は主人公なのか、脇役なのか。

スタイル
早速、質問をさせていただきたいのですが漫画家になろうと思ったきっかけはなんですか?
つのだふむ
きっかけはいくつかあるのですが、最初の最初はドラゴンボールとの出会いです。父が絵の上手い人でそれを見て育ったこともあり少しずつ模写をするようになってハマっていきました。
スタイル
ということは、つのださんはかなり幼いことから漫画を描いていたんですね?
つのだふむ
そうですね。おそらく小学生くらいの時から描いています。でも、その時は教室の隅とかでこっそり描いてましたね。
スタイル
どうして、こっそり描いていたんですか?
つのだふむ
今でも残っているかもしれませんがその頃、オタクはまさにヒエラルキーの下側の存在だったんですよね。
スタイル
確かにそのような風潮は今でも残ったりしてますよね。
つのだふむ
そうだと思います。だからこそ、中学校ではヒエラルキーの真ん中に行こうとしたんですよ。でも、ちょうど良い立ち位置を探している間にいつの間にか下の方に位置付けられていました。
スタイル
中学生というと、まさにヒエラルキーを生み出す絶頂期ですよね。それから、つのださんはどうしたんですか?
つのだふむ
そこで僕は自分が主人公なのか脇役なのかをずっと考えていました。そして、ずっと僕は脇役なんかじゃないと思い続けていたんです。
スタイル
脇役じゃない?
つのだふむ
そうです。実際に何をしたかというと、自分が理想としている漫画や映画の中の最強キャラを演じ始めたんです。
スタイル
ヒエラルキーの上に行くために?
つのだふむ
そうですね。ヒエラルキーの上にいる人は強い人たちなのでそれを真似しようと思ったんです。毎日毎日、自分の理想の姿である主人公を現実の世界に持ち込みました。
スタイル
毎日強い自分になりきるってかなり根気が必要ですよね。
つのだふむ
そうですね(笑)
でも、結局いじめられたんですよ。

つのだふむ 漫画

スタイル
え?それかなり辛いです。
つのだふむ
確かに(笑)
ちょうど、この頃三者面談があったんですよ。その面談では、進学したい高校や大学を書かなくちゃいけなかったんです。周りがみんな進学先の学校を書く中で僕は初めて『漫画家』という未来を書いたんです。
スタイル
普通だったら、学校名を書く部分に?
つのだふむ
そうです。ここで、漫画家と書かねければ自分がかわいそうな気がしたんです。僕にとって漫画家になるというのは最後の砦だったので。

漫画のせいじゃない

スタイル
でも、高校には進学したんですよね?
つのだふむ
はい。いじめていた人と同じ学校に進学したくなくて、わざと遠い学校に通いました。おかげで、高校ではヒエラルキーの真ん中に入ることができました。(笑)
スタイル
その気持ち少しわかります。
つのだふむ
でも、とある時やっぱり教室の隅で絵を書いている人を見かけたんです。そんな同級生を僕は友人たちと格下に見ていたんです。
スタイル
あれ、最後の砦じゃなかったんですか?その時、つのださんは漫画を描いていなかったとか?
つのだふむ
その時の僕は、ヒエラルキーの上に行くために学校で漫画を描くことをやめて、家で漫画を描く日々でした。この時の僕は、そんな余裕すらなかったんだと思います。
スタイル
つのださんはすごく人間的ですよね。一見矛盾しているように思ったのですが理解できました。
つのだふむ
あと高校では、大きな出会いがありました。クラス替えで隣の席になったイケメンが漫画を描いてたんです。
スタイル
その方も、ヒエラルキーの下にいたということですか?
つのだふむ
それが違うんです。彼の周りは『絵が上手いね!』とか言ってくる人で溢れていました。所謂、人気者ですね。
この時、こいつとは絶対に友達になってやると感じて、積極的に話しかけたら好きな映画が一緒で意気投合しました。そこで『イケてない自分は漫画のせいじゃない』ということに気が付いたんです。

スタイル
つのださんの固定概念が壊れたんですね。
つのだふむ
そうです。それから、本当に好きなことや夢を語ることができるようになりました。
スタイル
その友人との出会いはかなり重要な出来事ですね!
つのだふむ
本当にそうだと思います。卒業してから疎遠になってしまいましたが、いつかまた会いたいですね。
スタイル
絶対に会いに行きましょう(笑)

トゥルーマン・ショーの様に生きたい

つのだふむ 漫画

スタイル
つのださんが実際に漫画を描く題材はどこから探してくるのですか?
つのだふむ
それは、いつでもですね。もう目に入ってきたもの全てです。
スタイル
それは、日常ということですか?
つのだふむ
そうですね。何かが起きた瞬間の出来事とそれを見ている僕を描きます。そうすると、僕というキャラクターが生まれて作品に物語が生まれるんです。
スタイル
それ、めちゃくちゃ面白いです!
つのだふむ
あと、もう一つあるのは自分を俯瞰するということですね。成功したい自分と、失敗する自分を想像したり、演出家の自分が自分という主人公を演出したりしてます。二人の自分がいるってことですね。
スタイル
映像会社に勤めているつのださんだからできることかもしれないですね!
つのだふむ
そうかもしれません(笑)
スタイル
ちなみに、漫画を描くときにこだわりってあったりしますか?
つのだふむ
ん〜。先ほどの話と少し重なりますが、どんな衝撃的なことも一歩退いて描くということですかね。
スタイル
一歩退く?
つのだふむ
そうです。突然ですが『トゥルーマン・ショー』という映画を知ってますか?
スタイル
存じ上げないです。
つのだふむ
『トゥルーマン・ショー』という映画は、とある男の人生が本人の知らぬ間に世界中に生中継されているというものなんですがそれと同じ様に人生を番組の様にしていきたいんです。そこにいる主人公も、演出家も自分の中に共存させていきたいです。
一歩退いて描く『フムーマン・ショー』みたいなことをしていきたいです。
スタイル
つのだ”ふむ”だからフムーマン・ショーですか!
面白い発想でなんかワクワクしてきました(笑)

つのださんにとって『漫画家』というLIFESTYLEを一言で表すと?

ドン底ですら伏線として漫画で回収する

どんな出来事でも全て漫画にする。 
 
そのために、常にドラマチックを望んでいるし人生をショーの様にいきていたい。ある意味で失敗を望んだりもする。 
 
 
つのだふむさんはそう語った。 

どんな出来事でも全て漫画にする『フムーマン・ショー』を表現するつのだふむをSTYLEで応援していきます!

つのだふむ 漫画

押田はるか 著

あなたへのおすすめ

  • ワタベヒツジ 漫画家 プロフィール画像

    『勉強でも、運動でもそこ
    そこだった。だからずっ…

  • 漫画家 やじまけんじ プロフィール画像

    『頭の片隅にはずっと漫画
    家という夢があった』諦…

  • まえだたかし 漫画家 プロフィール画像

    『デザインと漫画は密接に
    リンクしている』41歳…

  • ホリプー 漫画家 プロフィール画像

    『人は10代で手に入れら
    れなかったものに、一生…

  • あおひげ 漫画家 プロフィール画像

    『漫画は総合芸術の一部』
    音楽・プログラミング・…

  • 『実在する理想郷が生み出
    した幻想風景』景色や建…

新着記事

  • 高塩貴史 プロフィール画像

    『環境は自分で変えられる
    』これからの美容師像を…

  • 今泉マユ子 プロフィール画像

    『防災食は日常の延長にあ
    るんです』災害が多い日…

  • ワタベヒツジ 漫画家 プロフィール画像

    『勉強でも、運動でもそこ
    そこだった。だからずっ…

  • 漫画家 やじまけんじ プロフィール画像

    『頭の片隅にはずっと漫画
    家という夢があった』諦…

  • つのだふむ 漫画家 プロフィール画像

    『イケてない自分は漫画の
    せいじゃない』本当に好…

  • まえだたかし 漫画家 プロフィール画像

    『デザインと漫画は密接に
    リンクしている』41歳…

STYLEをフォローして、新着記事を受け取ろう!

編集長のTwitter